注文住宅で思い描く家はつくれる│ドリームハウス・メイキング

不動産

快適で安全なエアパス工法

独自の施工方法

不動産

住宅に関する悩みで多いのが、冬の寒さと夏の暑さが厳しいことです。気温が安定しないことが、快適に過ごせない大きな悩みとなっています。エアコンにより一定程度は温度を安定させることはできますが、エアコンが苦手な方は多くいらっしゃいます。エアコンをつけずに室内の温度を一定にすることができる家が、多くの方から望まれています。四季工房の家は、自然の力だけで快適な室内温度を保つことができると評判になっています。エアコンが不要となるほど、室内温度を一定に保つことができるのです。その理由はエアパス工法と呼ばれる、四季工房の独自の施工方法にあります。壁の中にある2層の空気層の中を自然の風が流れることにより、冬は温かく夏は涼しくなるのです。

ヒートショックを防ぐ

冬には太陽の熱と生活の中で生まれる熱が、壁の中の空気層を循環します。そのため、温かい空気の層が家を包み込むため、温かい室内温度を保ってくれます。夏は小屋裏に設置される換気口に向けて自然の風が流れるため、熱と湿気を取り除くことができるのです。家全体を自然の風が包み込み一定の室内温度に保ってくれるため、使用していない部屋も寒暖差がありません。寒暖差が原因のヒートショックによる死亡者数は年間2万人近くに上っており、特に高齢者の方が大半を占めています。四季工房のエアパス工法は、このヒートショックによる死亡事故を防ぐことができます。快適に過ごせるだけではなく、人の命をも守ってくれるのが四季工房ならではのエアパス工法なのです。